治療症例集|北上尾歯科|北上尾駅30秒・夜9時まで・土日祝も診療

048-816-5115

キービジュアル

前歯の凸凹をマウスピースで矯正した症例/埼玉県上尾市

2022年10月3日

主訴 前歯の凸凹を治したい
治療内容 インビザラインライト
治療費 ¥ 588,000(検査、調整料、保定装置代込みの総額)
治療期間 1年2か月

今回は少し特殊な症例です。
右下2番目の前歯が内側に入っていて、磨きづらいことを主訴に来院されました。
写真を見ると歯と歯の間に汚れが溜まってしまっています。また隣の犬歯も90度ほど捻れており、前歯に若干の凸凹もあるため、内側に入っている2番目の歯を抜いて治療を行うことになりました。
治療後は歯並びも綺麗に治っており、噛み合わせも問題なく仕上がっております。

下の前歯を1本だけ抜くことに問題はないのかよく質問を受けますが、矯正治療の中では下の前歯を1本だけ抜いて並べることは比較的よくある手法です。左右対称に歯を抜くことの方が多いですが、歯並びも上下の噛み合わせも問題なく構築ができる場合は抜く本数は少ない方がいいと考えております。

メリット
歯並びが綺麗になる
歯を磨きやすくなる
歯周病になりづらい

デメリット
歯を抜く必要がある
上下の正中が合わない

治療前 治療後

すきっ歯を部分矯正とダイレクトボンディングで治療した症例/埼玉県上尾市

2022年08月9日

主訴   前歯の隙間を治したい
治療内容 NiTiワイヤーによる部分矯正とダイレクトボンディング
治療費  ¥264,000(部分矯正¥220,000、ダイレクトボンディング¥22,000×2本)
治療期間 1年2ヶ月

上の前歯の隙間(すきっ歯)を主訴に来院されました。
気になることろは前歯の隙間だけですが、隙間を封鎖するためにはある程度全体的な治療が必要になります。患者様の希望は部分矯正だったため、前歯を動かし、埋まりきらなかった隙間をダイレクトボンディングにて歯の表面に樹脂を盛り足し修復しました。

一般的に部分矯正は1年以内に終わることが多いのですが、今回は噛み合わせが深い(下の前歯が上の歯茎に噛み込んでいるところがある)のを治す必要があったため、今回は治療に時間がかかっています。

治療期間中にプラークが停滞して、虫歯や歯周病になるリスクがあります。
矯正治療では埋まりきらなかった隙間にプラスチックの樹脂をつけているため、そこが将来的に劣化、変色してくることがあります。

治療前 治療後

前歯のでこぼこと噛み合わせをマウスピース矯正で治療した症例/埼玉県上尾市

2022年02月13日

主訴 前歯のでこぼこと噛み合わせを治したい
治療内容 マウスピース矯正(インビザラインスタンダード)
治療費 ¥ 758,000(検査、保定装置代込みの総額)
治療期間 1年5ヶ月

前歯の歯並びのでこぼこと、上の歯と下の歯の噛み合わせが逆であることを気にされて来院されました。
でこぼこはそこそこ大きいですが、今回は歯を抜かずに歯列弓の拡大と歯と歯の間をわずかに研磨することでスペースを作り、歯を並べています。

今回の患者様は元々奥歯が内側に倒れている歯並びだったため、歯列弓を拡大し倒れている奥歯を適正な位置に戻したことによって、かなり多くの隙間を作ることができました。最終的には前歯の歯並びだけでなく、奥歯もしっかりと噛み合うようになっています。

このように矯正治療は見た目だけでなく、噛み合わせを改善することで食事の効率をあげ、また将来に渡ってご自身の歯の健康を維持することができます。

治療前 治療後

噛み合わせの改善を主目的とした矯正治療/埼玉県上尾市

2021年12月5日

主訴 噛み合わせを治したい
治療内容 スタンダードワイヤー矯正(クリアブラケット)
治療費 ¥ 715,000(検査、調整料、保定装置代込みの総額)
治療期間 矯正治療 2年4か月 (虫歯治療を含む全ての治療期間2年10ヶ月)

こちらの患者様は虫歯治療を主訴として来院されました。
虫歯治療を進めていく中で、ご自身の歯やかぶせものを長持ちさせるためには適切な噛み合わせを構築することが必要であることをご説明したところ、矯正治療を始めることになりました。

一般的に矯正治療は審美的な目的で治療を希望される方が多いですが、実は歯並びと歯の寿命は大きく関係しています。
これは私の私見ですが、日々患者様を拝見していると、噛み合わせの良い方は高齢でもご自身の歯を失いにくいと感じます。また80歳で20本以上自分の歯を残そうと言う運動(8020運動)がありますが、実際に80歳で20本以上の歯が残っている方を調べると、そのほとんどが正常咬合(正しい噛み合わせ)だったと言う結果が出ています。
こういったことからも矯正治療で見た目を改善するだけでなく、正しい噛み合わせにすることはご自身の歯を長持ちさせる上で重要なことだと考えます。

こちらの患者様は基本的な虫歯治療、歯周病治療が終わった段階で矯正治療を行いました。噛み合わせを正常に戻した後、奥歯にブリッジやかぶせものを入れて噛み合わせを構築しました。

私たちは矯正専門医ではありませんが、このように虫歯治療や歯周病治療と並行して矯正治療を行い、総合的に治療できることが特徴です。
もちろん複雑な矯正治療は専門医の先生に依頼することもありますが、現在8割の症例は一般の歯科医師が担当しております。

治療前 治療後

でこぼこをマウスピース矯正で治療した症例/埼玉県上尾市

2021年11月14日

主訴 でこぼこと噛み合わせを治したい
治療内容 マウスピース矯正(インビザラインスタンダード)
治療費 ¥ 758,000(検査、調整料、保定装置代込みの総額)
治療期間 1年3か月

前歯のでこぼこと一部の歯の噛み合わせが反対になっていることを気にされ来院されました。
本来凸凹が大きい症例では永久歯を抜歯し、そのスペースを使って並べることが多いです。しかしマウスピース矯正は歯を側方に拡大しスペースを確保することが得意なので、歯を抜かずに綺麗に並べることができました。

写真を見比べていただくと、術前では小臼歯(4,5番目の歯)が内側に倒れていますが、術後では外側に張り出しているのがわかると思います。この部分を広げることによって、歯を並べるスペースを確保できます。またマウスピース矯正は噛み合わせの構築が難しいと言われることもありますが、こちらの患者様は噛み合わせも非常に綺麗に治っています。

抜歯を伴う症例でのマウスピース矯正は噛み合わせの構築が難しくなることもありますが、歯を抜かずに治療する場合はワイヤー矯正と比べても遜色ない治療が可能です。またこのような症例ではマウスピース矯正はワイヤー矯正より短い期間で治療が終わることが多いです。

治療前 治療後

抜歯して八重歯をマウスピース矯正で治療した症例/埼玉県上尾市

2021年10月21日

主訴 八重歯を治したい
治療内容 マウスピース矯正(インビザラインスタンダード)
治療費 ¥ 758,000(検査、調整料、保定装置代込みの総額)
治療期間 1年3か月

大きく唇側に飛び出てしまっている八重歯をマウスピースで治療した症例です。
矯正治療で抜歯をする際には前から4番目の小臼歯を抜歯するのが一般的ですが、こちらの患者様は八重歯以外比較的綺麗に並んでいたため、八重歯である3番目の歯を両サイドとも抜歯し治療を行いました。

通常抜歯をする症例ではインビザラインに先立ってワイヤー矯正を併用することが多いです。マウスピース矯正だけでは抜歯した部分の隙間を埋めるのに時間がかかりすぎてしまうため、一部ワイヤー矯正を併用し効率的に動かした後マウスピース矯正に移行します。
しかし今回は歯を抜いた後の隙間があまりなかったため、マウスピース矯正のみで治療が完了しております。

抜歯し大きく歯を動かす必要のある症例ではインビザラインアドバンスやワイヤー矯正をお勧めすることがあります。

治療前 治療後

前歯の凸凹をマウスピース矯正で治療した症例/埼玉県上尾市

2021年08月29日

主訴 前歯の凸凹を治したい
治療内容 マウスピース矯正(インビザラインスタンダード)
治療費 ¥ 758,000(検査、調整料、保定装置代込みの総額)
治療期間 0年11か月

顎の大きさに比べて歯が大きいため、歯が並ぶスペースがなく、凸凹ができてしまいました。このような症例の場合、多くは歯を抜いてスペースを作り、歯を並べていきます。
今回は歯の並びを全体的に横に拡大し、一部の歯と歯の間を研磨し隙間を作りました。歯を抜いていないため1年弱という短い期間ですが、噛み合わせを含めて綺麗に仕上がっています。

矯正治療において抜歯をしてスペースを作ることは決して悪いことではありません。歯を抜かず無理に治そうとすると、後戻りしてしまったり、口元が突出してしまったりといった副作用があります。
しかし抜かないで済むに越したことはないですよね。インビザラインはワイヤー矯正と違い、歯を抜かないで治療するのが得意です。

歯列弓の拡大を行っているため、歯肉退縮がおこる事があります。歯肉退縮が起こった部分では一時的に知覚過敏の症状が出る場合があります。

治療前 治療後

出っ歯をマウスピース矯正で治療した症例/埼玉県上尾市

2021年06月20日

主訴 前歯を下げたい
治療内容 マウスピース矯正(インビザラインスタンダード)
治療費 ¥ 702,000(検査、調整料、保定装置代込みの総額)
治療期間 9か月

出っ歯を主訴に来院されました。
前歯だけでなく、口元全体を下げるのであれば小臼歯を抜歯しワイヤーでの矯正治療が必要とご説明しましたが、主に出っ歯の改善を希望されたため、マウスピースで治療を行いました。
上下とも前歯の歯と歯の間を0.3~0.5mmずつ削り、歯列を側方に拡大することで歯が並ぶスペースを作りました。
抜歯をしていないのでわずか9ヶ月で治療が終わっています。

〈メリット〉
・装置が目立ちにくい
・短期間で治療が終了する
・歯を抜かなくて済む

〈デメリット〉
・口元全体は下げられない(口元を下げるには抜歯が必要なため、ワイヤー矯正になる)
・歯と歯の間を削る必要がある

治療前 治療後

アタッチメントって?

2020年09月17日

今回は症例ではなく、マウスピース矯正のアタッチメント(歯の表面につけるプラスチック樹脂のボタンのようなもの)についてお話をします。
写真の赤丸部分がアタッチメントです。アタッチメントはマウスピース矯正を始める前に歯の表面に接着します。治療終了後にはずし歯の表面を研磨しますので、元通りになります。

マウスピース矯正はただ単にマウスピースを装着しただけでは意図した方向へ歯を動かすことができません。そのため、いくつかの歯の表面にプラスチックのボタンのような引っ掛かりをつけ、その引っ掛かりにマウスピースを装着することで適正な位置に歯を移動していきます。この引っ掛かりをインビザラインではアタッチメントと言います。

アタッチメントはかなり複雑な形状をしており、長方形や半円形など複数の種類があります。それぞれの形態によって動かす力のかかり方が変わってきます。またマウスピースがしっかり適合していないと歯の動きは悪くなります。
マウスピース矯正の中にはこのようなアタッチメントが存在しないタイプの矯正もありますが、それでは複雑な歯の動きが再現しづらく、適応できる症例が限られてくると思います。マウスピース矯正を検討されている方は、インビザラインに限らず、アタッチメントがあるものを選んでいただくことをお勧めします。

反対咬合を片額矯正で治療した症例/埼玉県上尾市

2020年07月5日

主訴:2番の反対咬合を治したい
治療内容:インビザライン ハーフ(マウスピース矯正)
治療費:¥378,000(検査代、装置代、保定装置代含む総額)
治療期間:4か月

今回の患者様は左上の2番目の前歯が気になるということで来院されました。
拝見すると、左上の側切歯(2番目の歯)が下の歯と噛み合わせが反対になっていることはわかりました。(反対咬合)
通常矯正治療というのは、上下で治療をするのが基本となっています。片側だけ治療をしたいという患者さんは非常に多いですが、片側だけで歯を動かしてしまうと、歯並びは綺麗になっても噛み合わせがおかしくなってしまいます。ですので片側だけの矯正は非常に稀なケースです。
ただ今回の患者様については前歯のデコボコの量がさほど多くなかったため、奥歯は一切動かさずに、前歯の犬歯から犬歯を動かす治療をしました。
治療期間は4ヶ月で、マウスピースの適合が悪くなることがなかったので、作り変えは行いませんでした。
右上1番目、2番目、左上1番目、2番目の歯と歯の間を0.2mmずつやすりがけし隙間を作り、その隙間を利用して側切歯を前方に出しました。

このような部分矯正や片顎矯正が適応できる患者様はあまり多くありませんが、1本だけの反対咬合や少量のデコボコについては適応できることがありますのでご相談ください。

【メリット】
矯正装置を片側だけつければ良い
マウスピースなので装置が目立たない
費用が安くなる
期間が短い

【デメリット】
歯と歯の間を少し削ることが必要
前歯しか動かすことができない

治療前 治療後

無料個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

診療時間
10:00 ~ 13:00
14:30 ~ 21:00---
14:30 ~ 18:00-----

〒362-0016 埼玉県上尾市原新町16-8 アルメックス1F、2F

  • 048-816-5115
  • 北上尾駅から30秒

夜9時まで。土日祝も診療。駐車場完備

このページの先頭に戻る